デパス 依存

自律神経失調症とは、吐き気、めまい、頭痛、倦怠感、胃部不快感、冷や汗、動悸などの症状が長く続くことです。

 

 

この症状を改善するのにはとくに食生活は基より、生活習慣がすごく大切です。

 

 

加工食品などや清涼飲料水などの多量摂取は自律神経を乱すこととなります。

 

 

朝に目が覚めにくくなったり、急に起きると貧血の様な症状が現れたり、めまいなどの症状も出てきます。

 

 

また低血圧の様な人は夜に眠れなくなるという様な症状にもなってきます。

 

 

詳細サイト
自律神経失調症 改善|薬を使わない治し方

 

 

これは交感神経と、副交感神経の切り替えが自律神経失調症によって出来ないようになっているからです。

 

 

交感神経は日頃日中に人間が活動するべき時の神経で脈拍を上げたり血液量を調節したりしていて大切な神経である。

 

 

副交感神経はそれとは逆に夜に活発になる神経で、心臓の脈拍数も少なくなってリラックスできるようにもっていく夜型の眠れるようにするといった神経です。

 

 

しかしこれらが逆転してしまうと自律神経失調症になってしまい。夜には寝れなくて昼間に眠いといった症状が出てきます。昼夜逆転型になるのもこれが原因です。

 

 

自律神経失調症になるとなかなかうまく治すことが困難になるので自分の体がおかしいと感じると医師に診てもらう必要性があります。

 

 

分野は心療内科や神経内科になります。薬物治療が主になりますが特によく使われているのがベンゾジアゼピン系抗不安薬です。

 

 

特に安定剤と言われているもので数は何万種類も存在しています。

 

 

とくに主治医が使う中にレキソタンやメイラックス、ランドセン、ワイパックス、ソラナックス、コレミナール、コントール、デパス、ユーパンなどが使われることが多いですが。

 

 

私もこれらの薬をすべて飲みました。しかしこれらのベンゾジアゼピン系抗不安薬には言えることが多々あります。

 

 

それは十人十色で効き方がまったく違ってきます。

 

 

メイラックスは薬が効いているのが長い超長時間作用型であり血中濃度が維持できるのがながくて肝臓に負担をかけにくく効き方もマイルドな印象です。

 

 

しかしながらデパスは対称的で短時間作用型に分類されていて効く時間が短いが血中濃度が一時間以内に上昇するので切れがよく
凄まじい効き方をします。

 

 

これを飲むと効いているなぁーと実感出来るくらいきつい薬です。またデパスはすぐに切れてしまうために再度ふくようしなければならなくなるデメリットがあります。

 

 

これがどんどんデパスの量が多くなってしまうのです。やめる時には依存症なども引き起こしてしまい急に断薬すると禁断症状に苦しみます。

 

 

出来れば頓服で決められている量を維持しましょう。


パニック障害やうつ病、睡眠障害などの幅広い神経疾患に多く処方されているのが、デパスという精神安定剤です。

 

 

 

このデパスは、鎮痛作用や不安を解消する作用があり、短時間で効果を実感することが出来るために非常に重宝されている薬剤となります。

 

 

 

ただし、短時間で効果が見られるというメリットがある薬剤というのは、一方で依存性が高いともいわれており、

 

 

 

実際にデパスを服用していた患者の中には、薬を辞める際の離脱症状に悩む人が多くみられます。

 

 

 

また、副作用として全身の倦怠感や頭痛、動悸やふらつきなどを訴える人もいます。

 

 

 

しかし、デパスは薬としては、決して安全性が低いものではなく、上手く付き合っていけば、

 

 

 

精神的な疾患からくる生活の困難さを解消し、毎日を過ごしやすくするためには非常に効果的な薬剤だというのは、間違いがありません。

 

 

 

 

デパスによる依存性は、薬の効き目が弱くなることで、自己判断の上で含用量を増やしたり、医師の指導を無視した使用方法をすることが大きな原因のひとつとなっています。

 

 

 

また、ネットなどでデパスの依存性についてのマイナスな情報を入手することで、余計な不安感を覚えてしまい、その不安感が逆に依存の症状を引き起こすこともあるのです。

 

 

 

ですから、デパスを使用する上で一番重要なのは、信用できる医師のもとで処方してもらうこと、自分の意思で勝手に含用量を増やしたり、勝手に中断したりしないことです。

 

 

 

依存に対して不安感が強い人のほうが、逆に依存を引き起こしやすいということもあるので、薬に対して不安に思うことがあるならば、処方の前に医師に対して質問をしてみると良いでしょう。

 

 

 

そうすることで、依存する確率をぐっと下げることが出来ます。

 

 

 

万が一、依存を引き起こした場合には自分一人の力で対処しようとせずに、医師に相談しながら依存から立ち直ることが大切になってきます。

 

 

 

中には、依存専門のクリニックも存在しますから、そうした病院を紹介してもらうのも良いでしょう。


デパスはベンゾジアゼピン系の薬で、主にうつ病の治療に使われます。

 

 

 

うつ病以外にも、神経症や心身症(胃潰瘍や胃炎、過呼吸)、睡眠障害にも効果があるとされ、様々な精神的疾患を持つ患者さんが服用しています。

 

 

 

主な効果には、気持ちが落ち着く鎮静作用、体がリラックスできる筋弛緩作用があります。

 

 

 

また、緊張しにくくなったり、不安感がなくなり感情の高まりをおさえられる効果もあります。いずれも、ネガティブな心を静めてくれるのが特徴です。

 

 

 

そのほかにも、普段億劫だった仕事や家事も、デパスを服用するとやる気が出てきてスムーズに進行できたり、人と接することへの不安がなくなることもあります。

 

 

 

また、心身症の症状への効果としては、鎮静作用によって、過呼吸の改善への期待が一番に挙げられます。

 

 

 

また、筋弛緩作用によって頭痛などの体の痛みにも有効です。ストレスから来る体の異常に対して効果的な作用をします。

 

 

 

その他の例では、更年期障害の患者さんにも処方されることがあります。

 

 

 

一方、デパスに似たベンゾジアゼピン系の薬にレキソタンがあります。

 

 

 

レキソタンもうつ病や睡眠障害、心身症などの患者さんに処方されますが、その2つの薬の最大の違いは効き目の強さ。

 

 

 

レキソタンはゆっくり効いていくのに対して、デパスは少し早めに効いていきます。

 

 

 

そのため、デパスはレキソタンよりも効き目が少し強いです。患者さんの症状やライフスタイルに合わせた処方が必要になります。

 

 

 

気をつけないといけないのは、副作用があるということです。

 

 

 

デパスには気持ちを落ち着かせてくれる効果があることは上記で触れましたが、一方で気分がだるくなったり、注意力が低下することがあります。

 

 

 

また、眠気に襲われたり、過鎮静(ボーッとしてしまいがちになること)になることもあります。

 

 

 

人によっては、手足のしびれや肩の痛みといった症状を訴えることもあります。

 

 

 

過剰摂取や依存などで、本来の効果が発揮されすぎたり、薄くなることもあるので、医師との相談の元で適度な服用を心がけることが大切です。

 

 

 


ベンゾジアゼピン系抗不安剤のデパスは、緊張を取り除いたり、

 

 

 

不安感を和らげたりする効果があり、様々な病気や症状、場面で

 

 

 

使われます。デパスの副作用では、発熱や、湿疹などのアレルギー症状が出ることがあります。

 

 

 

それらの副作用が出ない場合でも、めまい、ふらつき、喉が極度に渇く、頭が痛くなる、興奮状態になる、ろれつが回らなくなる、動悸がする、倦怠感が強くなる、

 

 

 

食欲がわかなくなる、など、かなり多くの副作用が

 

 

 

起きる可能性があります。これらすべてがいっぺんに出ることはまれですが、

 

 

 

いくつかの副作用が、同時に出る可能性は十分あります。

 

 

 

デパスは、精神科に限らず、多くの診療科で比較的気軽に出される薬ですが、

 

 

 

長期にわたって大量に服用していると、デパス依存に陥り、服用がやめられなくなるケースになることもあります。

 

 

 

特に、不安感が強い人などが、デパスを飲んだ後は一時的に調子がよくなるので、必要以上にデパスに頼ってしまい、その結果

 

 

 

副作用が強く出ても、服用がやめられなくなってしまいます。

 

 

 

処方は医師が決めることなのですが、患者サイドも、まるきり薬に関して

 

 

 

素人のままでいるのではなく、インターネットを使ったり、薬剤師に相談するなどして、薬や自分の疾患に関する知識を増やしましょう。

 

 

 

医師は、一日に何人もの患者さんを診ていくので、どうしても一人一人に細心の注意を払い続けることが難しくなっていきます。

 

 

 

今、デパスを処方されている人、又はデパスを処方されるかもしれない人、薬に関する知識武装をしっかりして、

 

 

 

デパスの副作用にしっかり対応して、デパス依存にならないように気を付けましょう!

 

 

 

自分の体、精神状態、一番気を付けなければいけないのは、医師でなく、あなた自身です。

 

 

 

また、これは他の薬にも言えることですが、どんなに辛くても、OD、つまり大量服薬はしないでください。

 

 

 

デパスは、メジャーの抗精神病薬に比べて弱い薬ですが、それでも大量にいっぺんに飲めば、意識はあやふやになり、

 

 

 

下手すると命に関わります。絶対に、ODはしないでください。

 

 

 

デパスはパニック障害や強迫性障害にもよく服用されます。薬を使わない方法の治療もありますので、

 

 

 

要チェックです!

 

 

 


精神的な不安感やイライラ感に効果的として利用されているデパスですが、使用方法に充分注意しないと離脱症状が現れることがあります。

 

まず、デパスの離脱症状として代表的になるのが、ふらつきになります。

 

 

 

急に服用をやめることで、意識がもうろうとし注意が散漫になってきますので、仕事中や家事の際に危険を感じてしまうことになるのです。

 

 

 

また、デパスを急にやめることにより、イライラ感や不眠、不安の増大などの精神的な症状が現れる場合もあります。

 

 

 

デパスは、精神的な不安感や不眠といった症状を抑えてくれる効果が期待できます。

 

 

 

ただ、いきなりやめてしまうことにより、リバウンドが起こり、今まで抑えていた症状がより悪化しやすくなってしまうのです。

 

 

 

以前では感じることがなかった、ちょっとした刺激により不安やイライラを生じるケースもあれば、何の刺激もなく慢性的なイライラ感などが続いてしまう場合もあります。

 

 

この症状が起こった場合に、早めに医師に相談するようにしましょう。

 

 

 

デパスの離脱症状については、ほかにも妄想や幻覚、体の震えなど、心身の区別問わず症状が起こりやすくなってきます。

 

 

 

特に妄想や幻覚が起こってしまいますと、日常生活を送ることが困難になってしまいますし、体の震えが急に起こってきた場合、自分だけではなく他の方にも衝撃を与えることとなってしまいます。

 

 

 

このように、軽いものから重いものまで様々な症状が起こりやすくなってきます。

 

 

 

離脱症状を防止するためには、自己判断で服用を中止することなく、医師の指導のもと、少しずつ服用する量を減らしていくことが大切です。

 

 

 

少しずつ薬を減らすことにより、体も順応していきますので、際立った症状が出ることなく断薬を行えるでしょう。

 

 

 

ただ、医師の処方を守りながら服用している場合でも、過剰にデパスを投与されている場合もあります。

 

 

 

処方を守っているものの、体に負担を感じる場合には、早めに医師と相談し適量に抑えてもらうとよいでしょう。


デパスは、マイナートランキライザーに分類される薬剤で、いわゆる抗不安薬と呼ばれるものです。

 

 

中枢神経に作用して、不安感を緩和して精神を安定させる働きがあります。

 

 

 

デパスは様々な場面で処方されており、不安感を原因とする頭痛や腰痛などに処方されるほか、筋肉の緊張を緩和させるためにも処方されることがあります。

 

 

 

こういった背景を知らずに、いきなりデパスを処方されると、抗不安薬を出されるなんて、自分は精神的な病気を患っているのかと、

 

 

 

逆に不安を募らせてしまう方が多いようですが、デパスの効果は緩やかなものですので、必要以上に不安がることはないでしょう。

 

 

 

デパスは様々な症状に幅広く処方される薬剤であることを認識しておくと良いでしょう。

 

 

 

ただし、多くの薬剤に言えることですが、デパスにも依存性があることは否定できません。

 

 

 

使用を続けることによって、体の薬剤に慣れてしまって、普段の服用量では症状が抑えきれなくなってしまい、服用量がどんどん増えていってしまうという悪循環に陥りかねません。

 

 

 

私はデパス服用者ですが、一時期、依存傾向にあり苦しんだことがありました。

 

 

 

デパスは約6時間で半減期を迎えると言われています。

 

 

 

半減期とは、薬剤の成分の血中濃度が半減するまでの時間を言います。

 

 

 

この半減期を過ぎると、いわゆる断薬症状が生じ始めると言われていますが、

 

 

 

私は長く服用していたせいか、デパスに対して耐性ができていたのか、4時間程度で断薬症状が現れていました。

 

 

 

そもそも半減期に個人差はあるものです。

 

 

 

そしてデパスは早めに効いて、早めに排出される薬剤で、それゆえに安全性が高いと言われています。

 

 

 

ただ、そのことを考慮しても、明らかに私は半減期が背短いという診断を受けました。

 

 

 

今、振り返ると、自分でもあの頃はデパスへの大きな依存があったことと思います。

 

 

 

こういう状況の下では、半減期を十分に考慮した服用を行わないと、なかなか症状をコントロールするのが困難になりますので注意が必要です。